2021年2月11日(木)〜14日(日)は【科学をもっと身近にピリカ】(オンラインイベント)

こんにちは!ピリカの田名瀬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

2月に入り、地域によっては少し暖かい日が増えてきましたね☀️
まだまだ積雪の多い地域もあるかとは思いますが、健康と安全第一で今月も一緒にごみ拾いを楽しみましょう!
さて、ピリカでは毎月オンラインイベントを開催して、ユーザーの皆様のごみ拾い活動を応援しています!
2月のオンラインイベントの時期とテーマを決定しましたので、発表します。
皆さんぜひぜひご参加くださいね♪

 

 目次

  

2月のオンラインイベントテーマ

今月のピリカ オンラインイベントのテーマは...

「科学をもっと身近にピリカ」

です!🧪

f:id:teampirka:20210206171202p:plain

 

科学における女性と女児の国際デー

 2月11日は国連の定める「科学における女性と女児の国際デー」です。
今回の「科学をもっと身近にピリカ」はこの国際デーに合わせて企画させていただきました!
 

 ピリカは科学技術の力による環境問題の解決を目指しているので、「科学」というキーサードは外せません✨人間の活動によって引き起こされた環境問題は、科学の力で解決できると信じているからです。
 例えば皆さんにお使いいただいている「ピリカ」アプリには情報工学の応用で開発されました。
 ピリカのアプリ以外の事業では、ポイ捨てごみ調査を行う「タカノメ」は情報工学(機械学習など)、水中のマイクロプラスチック調査を行う「アルバトロス」は地球工学や化学など、科学技術によって支えられています。
 そのため、今後もより多くの人々が科学の力を信じ、社会的な壁なく私たちと一緒に環境問題解決に参加してくれる仲間が増えてほしいと思っています💪

 近年の脳科学や遺伝子工学研究は、生物的な性差がSTEM(科学、技術、工学、数学)分野の適性に関係していることは立証していません。ところがユネスコの統計によると、現在科学分野で活躍する女性の数は全体の30%にも届いていないそうです。また、高等教育課程においても女性の学生全体の30%ほどしか、STEM分野への進学を選んでいません。
特に、ICTや自然科学、数学、統計分野の女性の学生の割合は世界的にかなり低いのが現状です。長年にわたり形成された社会的な偏見により、科学分野における女性の割合はまだまだ男性には届いていないそうです。*1
 理由として、”STEM分野では「男子は女子よりも数学や科学が良くできて、科学や工学分野のキャリアは男性の領域である」というステレオタイプが女子のSTEM学習の到達度やSTEMキャリア志向に否定的に大きく影響している”ことが挙げられます。*2
 他にも、世界的に女性の研究者には資金が巡ってきにくかったり、その道で仕事を探そうとしても環境が整っていなかったりと社会的な壁が多いために、科学分野での進学やキャリアを諦める人が多いということもあるそうです。*3
 持続的な地球環境や社会の形成のために、ジェンダーギャップはあらゆる分野で克服されるべき課題と捉えられています。国連が発表している17の「持続可能な開発目標」(SDGs)の包括的な達成のためにも、科学分野での女性の活躍を後押しすることは大変重要なことなのです。

 

科学分野における女性と女児の活躍を応援するには?

 では、科学分野での女性の活躍を応援するにはどんなことができるでしょうか?
小さい頃から様々な科学に触れ、科学分野での活躍に性別は関係ないということを体現するもっと多くのロールモデルに出会うことは、女性や女児が進路を決定する際に大きな影響をもたらすかもしれません!

 

そこで、今回のオンラインイベントでは

  • 皆さんの小さい頃の科学にまつわる思い出(科学館に行った、自由研究のテーマ、面白かった実験など)
  • 尊敬する女性科学者や研究者
  • 最近注目している科学技術
  • 身近な科学

などを投稿の中で紹介いただきたいと思います🔬✨

  ちなみに私の科学にまつわる思い出は、高校生の頃に恒温器を使ってウニの幼生を育てたことと、海で採取したプランクトンなどのスケッチが上手だと褒められたことです😂(生物が大好きでした!)

 

最優秀賞・特別賞の賞品🎁

お待ちかね!今回も最優秀賞と特別賞の二つの賞をご用意しています!
印象的な投稿をしてくださったユーザーの中から2名をピリカメンバーが選ばせていただき、賞品をお送りいたします✨

 

最優秀賞の賞品

 ☆ethique シャンプーバー(お好きな香りを選んでいただけます)

www.amazon.co.jp

ethiqueはCEOのBrianneが2012年にニュージーランドで立ち上げたブランドです。シャンプーやコンディショナーなどのバス用品に使われるプラスチック包装の多さへの不満から、彼女自身でプラスチックをパッケージに全く使用しないシャンプーバーの調合にたどり着きました。*4
環境への配慮が製品の隅々から感じられる商品です✨

🌱香りは以下からお選びいただけます

ピンカリシャス
ミンタジー
ヒーリキウイ
フリッツラングラー
セントクレメンツ
スイート&スパイシー

※シャンプーバーとは:固形のシャンプーのこと。石鹸のような形で、濡らした髪に直接バーを滑らせて使っていただけます。

 

特別賞の賞品

 ☆子供の科学(ピリカが紹介されたレア号

www.amazon.co.jp

子供向けの科学雑誌です。なんとピリカが特集されていた2018年12月号がAmazonにまだございましたので、こちらをプレゼントさせていただきます。
様々な科学のトピックがわかりやすく説明されているので、大人も子供も楽しめるかと思います✨
私たちの代表 小嶌が環境問題に強い関心を持ってピリカを立ち上げたのも、環境問題の本のシリーズを7歳の頃に読んだことがきっかけなんですよ♪

 

参加方法

以下の四つの条件を必ず満たしてください!

 ①アプリのイベント機能の「科学をもっと身近にピリカ」をタップし、参加ボタンを押す

 ②2月11日(木)0:00 ~2月14日(日)23:59に投稿をする。

 ③投稿する際、

  • 皆さんの小さい頃の科学にまつわる思い出(科学館訪問、自由研究、面白かった実験など)
  • 尊敬する女性科学者や研究者
  • 最近注目している科学技術
  • 身近な科学

などの紹介と共に、拾ったゴミを一緒に撮影し投稿する。(画像が難しい場合はコメントで表現いただいてもOKです。)

 ④コメント欄に #科学をもっと身近にピリカ をつけて投稿する。

です!

 

以上四つの条件を入れていただけると投稿が見つけやすくなりますのでよろしくお願いします!  

皆様のご参加お待ちしています!!😄

 

 

☆ピリカアプリのダウンロードはこちらから☆
\まずは一つ投稿してみませんか?/

pirika.org

*1:UN International Day of Women and Girls in Science

https://www.un.org/en/observances/women-and-girls-in-science-day/

*2:JICA STEM教育への女子の参加促進に向けて https://www.jica.go.jp/activities/issues/gender/ku57pq00002cucek-att/materials_01.pdf

*3:山口しのぶ 日本の科学技術分野における女性研究者の促進:傾向と戦略について https://www.gender.go.jp/english_contents/wln/data/pdf/WS3/ws3-05yamaguchi-jp.pdf

*4:ethique | ethicame 

https://ethicame.com/shop/pages/ethique