2021. Feb. 11(Thu)- 14(Sun)【Bring Science Closer to Our Lives Pirika】(Online Event)

Hello! How have you all been?
I am Shiori, a mamber of team Pirika🌈

In most parts of Japan, it's been getting warmer in February.
But I know some areas have so much snow and still very cold..!
Just take care, everyone!

Did you know that Pirika holds online events monthly on the Pirika app?!
Well, it is natural that you did not. Since we have not written about the events in English but only in Japanese in this blog.

We are sorry about that, but this time we hope more users will participate in our events and enjoy them with other users worldwide!

 

Today, we share the theme of the online event this month and how to join it!

 

Index

 

A theme of our online event in February

A theme of our online event this month is...

"Bring Science Closer to Our Lives!"🧪

f:id:teampirka:20210209215532p:plain

 

International Day of Women and Girls in Science

February 11th is International Day of Women and Girls in Science.
We set the theme "Bring Science Closer to Our Lives Pirika" to coincide with this international day.

Since Pirika has been tackling environmental issues with the power of science and technology, "science" is our keyword!✨ We believe we can solve environmental issues caused by humans with the power of science and technology.

For example, the Pirika app is developed by applying the science of information.

Other than the app, we are also providing services such as "Takanome," which investigates littering problems, and "Albatros," which samples microplastics (<5mm) to research effective methods to tackle riverine and marine pollution. The science of information and deep learning, and geoengineering, and chemistry are applied for them, respectively.

Thus, we hope more and more people will believe in science's power, and we can have more diverse teammates to work on the environmental issues with us.

 Latest brain science and genetic engineering researches have not proven the relation between biological sex difference and aptitude in STEM (Science, Technology, Engineering, and Mathematics) fields. According to UIS, however, the portion of women who work in science is less than 30%. Moreover, only about 30% of women chose to gain degrees in a science field. Especially few female students are in ICT, natural science, mathematics, and statistics. *1

 For the ground of this is the widespread stereotype that boys are better than girls in math and science and the career in science or engineering is men's fields. This stereotype adversely affects girl's achievements and career orientation in STEM.*2

Furthermore, it is explained that there are many social barriers for women researchers worldwide, such as difficulty obtaining funding and lack of environment to find a job in this field. That is why many of them give up on further education and careers in science. *3

 Now gender gap in every field ought to be close to achieve a sustainable environment and society. To comprehensively accomplish seventeen Sustainable Development Goals that the UN published, it is crucial to encourage women's advancement in science.

 

How can we encourage women and girls in science?

Now, what can we do to close the gender gap in science?
We expect that exposure to a variety of sciences from a young age and more role models who embody the idea that gender has nothing to do with success in science could profoundly affect women and girls' career decisions!

So, during the event, we would like you to share

  • Your memories related to science (e.g., visit to a museum, research project in summer vacation, impressive experiment)
  • Female scientists or researchers you look up to
  • Science or technology you are currently interested in
  • Science found close to our lives

with us in your posts on Pirika!🔬✨

 

By the way, my memory regarding science is that I grew larvae of sea urchins in a thermostatic device, and teachers praised my sketch drawing of plankton when I was in high school!

Best/ Special Prize🎁

We prepare two prizes for every event. Shipping is only available within Japan, but if you are in Japan and pick up litter there, you may receive one of these!
Our team member will choose two users who share awe-inspiring posts!

Best Prize

☆ethique Shampoo bar (you can choose your favorite scent)

www.amazon.co.jp

"ethique" is an environment-friendly brand that Brianne, current CEO, launched in 2012. She hated the massive use of plastic packaging in the cosmetic industry and eventually formulated this solid shampoo.
You can see lots of consideration for the environment from every corner of the product✨

🌱You can select your favorite one from below
-Pinkariscious (TM)
-Mintasy
-Heali Kiwi
-Flitz Wrangler
-St Clements
-Sweet&Spicy

Special Prize

☆Kodomo no Kagaku (Science of Kids) (Special volume in which Pirika was featured)

www.amazon.co.jpThis is a magazine for kids. In the volume published in December 2018, Pirika was introduced. So we send this to you!
Since lots of topics about science are explained plainly, both kids and adults can enjoy it!
Actually, it is a series of environmental books that first motivated our CEO Kojima to solve environmental issues.♪

 

How to join the event

Please fulfill these requirements below!

  1. Tap "Bring Science Closer to Our Lives Pirika (BSCOLP)" and then tap "Join."
  2. Post between Feb. 11 (Thu) 0:00 and 14 (Sun)23:59 JST
  3. When posting, share your work with either of the followings;
    • Your memories related to science (e.g., visit to a museum, research project in summer vacation, impressive experiment)
    • Female scientists or researchers you look up to
    • Science or technology you are currently interested in
    • Science found close to our lives
      You can express them above with pics or text.
  4. Put #BSCOLP in your post

We are looking forward to your participation and many interesting posts!😆

 

☆Download Pirika from here☆(available in EN, JP, and CN)

pirika.org

 

 

2021年2月11日(木)〜14日(日)は【科学をもっと身近にピリカ】(オンラインイベント)

こんにちは!ピリカの田名瀬です。
皆さんいかがお過ごしですか?

2月に入り、地域によっては少し暖かい日が増えてきましたね☀️
まだまだ積雪の多い地域もあるかとは思いますが、健康と安全第一で今月も一緒にごみ拾いを楽しみましょう!
さて、ピリカでは毎月オンラインイベントを開催して、ユーザーの皆様のごみ拾い活動を応援しています!
2月のオンラインイベントの時期とテーマを決定しましたので、発表します。
皆さんぜひぜひご参加くださいね♪

 

 目次

  

2月のオンラインイベントテーマ

今月のピリカ オンラインイベントのテーマは...

「科学をもっと身近にピリカ」

です!🧪

f:id:teampirka:20210206171202p:plain

 

科学における女性と女児の国際デー

 2月11日は国連の定める「科学における女性と女児の国際デー」です。
今回の「科学をもっと身近にピリカ」はこの国際デーに合わせて企画させていただきました!
 

 ピリカは科学技術の力による環境問題の解決を目指しているので、「科学」というキーサードは外せません✨人間の活動によって引き起こされた環境問題は、科学の力で解決できると信じているからです。
 例えば皆さんにお使いいただいている「ピリカ」アプリには情報工学の応用で開発されました。
 ピリカのアプリ以外の事業では、ポイ捨てごみ調査を行う「タカノメ」は情報工学(機械学習など)、水中のマイクロプラスチック調査を行う「アルバトロス」は地球工学や化学など、科学技術によって支えられています。
 そのため、今後もより多くの人々が科学の力を信じ、社会的な壁なく私たちと一緒に環境問題解決に参加してくれる仲間が増えてほしいと思っています💪

 近年の脳科学や遺伝子工学研究は、生物的な性差がSTEM(科学、技術、工学、数学)分野の適性に関係していることは立証していません。ところがユネスコの統計によると、現在科学分野で活躍する女性の数は全体の30%にも届いていないそうです。また、高等教育課程においても女性の学生全体の30%ほどしか、STEM分野への進学を選んでいません。
特に、ICTや自然科学、数学、統計分野の女性の学生の割合は世界的にかなり低いのが現状です。長年にわたり形成された社会的な偏見により、科学分野における女性の割合はまだまだ男性には届いていないそうです。*1
 理由として、”STEM分野では「男子は女子よりも数学や科学が良くできて、科学や工学分野のキャリアは男性の領域である」というステレオタイプが女子のSTEM学習の到達度やSTEMキャリア志向に否定的に大きく影響している”ことが挙げられます。*2
 他にも、世界的に女性の研究者には資金が巡ってきにくかったり、その道で仕事を探そうとしても環境が整っていなかったりと社会的な壁が多いために、科学分野での進学やキャリアを諦める人が多いということもあるそうです。*3
 持続的な地球環境や社会の形成のために、ジェンダーギャップはあらゆる分野で克服されるべき課題と捉えられています。国連が発表している17の「持続可能な開発目標」(SDGs)の包括的な達成のためにも、科学分野での女性の活躍を後押しすることは大変重要なことなのです。

 

科学分野における女性と女児の活躍を応援するには?

 では、科学分野での女性の活躍を応援するにはどんなことができるでしょうか?
小さい頃から様々な科学に触れ、科学分野での活躍に性別は関係ないということを体現するもっと多くのロールモデルに出会うことは、女性や女児が進路を決定する際に大きな影響をもたらすかもしれません!

 

そこで、今回のオンラインイベントでは

  • 皆さんの小さい頃の科学にまつわる思い出(科学館に行った、自由研究のテーマ、面白かった実験など)
  • 尊敬する女性科学者や研究者
  • 最近注目している科学技術
  • 身近な科学

などを投稿の中で紹介いただきたいと思います🔬✨

  ちなみに私の科学にまつわる思い出は、高校生の頃に恒温器を使ってウニの幼生を育てたことと、海で採取したプランクトンなどのスケッチが上手だと褒められたことです😂(生物が大好きでした!)

 

最優秀賞・特別賞の賞品🎁

お待ちかね!今回も最優秀賞と特別賞の二つの賞をご用意しています!
印象的な投稿をしてくださったユーザーの中から2名をピリカメンバーが選ばせていただき、賞品をお送りいたします✨

 

最優秀賞の賞品

 ☆ethique シャンプーバー(お好きな香りを選んでいただけます)

www.amazon.co.jp

ethiqueはCEOのBrianneが2012年にニュージーランドで立ち上げたブランドです。シャンプーやコンディショナーなどのバス用品に使われるプラスチック包装の多さへの不満から、彼女自身でプラスチックをパッケージに全く使用しないシャンプーバーの調合にたどり着きました。*4
環境への配慮が製品の隅々から感じられる商品です✨

🌱香りは以下からお選びいただけます

ピンカリシャス
ミンタジー
ヒーリキウイ
フリッツラングラー
セントクレメンツ
スイート&スパイシー

※シャンプーバーとは:固形のシャンプーのこと。石鹸のような形で、濡らした髪に直接バーを滑らせて使っていただけます。

 

特別賞の賞品

 ☆子供の科学(ピリカが紹介されたレア号

www.amazon.co.jp

子供向けの科学雑誌です。なんとピリカが特集されていた2018年12月号がAmazonにまだございましたので、こちらをプレゼントさせていただきます。
様々な科学のトピックがわかりやすく説明されているので、大人も子供も楽しめるかと思います✨
私たちの代表 小嶌が環境問題に強い関心を持ってピリカを立ち上げたのも、環境問題の本のシリーズを7歳の頃に読んだことがきっかけなんですよ♪

 

参加方法

以下の四つの条件を必ず満たしてください!

 ①アプリのイベント機能の「科学をもっと身近にピリカ」をタップし、参加ボタンを押す

 ②2月11日(木)0:00 ~2月14日(日)23:59に投稿をする。

 ③投稿する際、

  • 皆さんの小さい頃の科学にまつわる思い出(科学館訪問、自由研究、面白かった実験など)
  • 尊敬する女性科学者や研究者
  • 最近注目している科学技術
  • 身近な科学

などの紹介と共に、拾ったゴミを一緒に撮影し投稿する。(画像が難しい場合はコメントで表現いただいてもOKです。)

 ④コメント欄に #科学をもっと身近にピリカ をつけて投稿する。

です!

 

以上四つの条件を入れていただけると投稿が見つけやすくなりますのでよろしくお願いします!  

皆様のご参加お待ちしています!!😄

 

 

☆ピリカアプリのダウンロードはこちらから☆
\まずは一つ投稿してみませんか?/

pirika.org

*1:UN International Day of Women and Girls in Science

https://www.un.org/en/observances/women-and-girls-in-science-day/

*2:JICA STEM教育への女子の参加促進に向けて https://www.jica.go.jp/activities/issues/gender/ku57pq00002cucek-att/materials_01.pdf

*3:山口しのぶ 日本の科学技術分野における女性研究者の促進:傾向と戦略について https://www.gender.go.jp/english_contents/wln/data/pdf/WS3/ws3-05yamaguchi-jp.pdf

*4:ethique | ethicame 

https://ethicame.com/shop/pages/ethique

【Online Event: Happy Holidays Pirika】結果&受賞者発表!

こんにちは!ピリカの長濱です。

早くも2月なんですね。たしかに年末年始が随分前のことのようにも感じます。ということで、大変お待たせいたしました、『Happy Holidays Pirika』の結果報告です!

 

 

集まって賑やかに過ごすことができなかったですが、昨年最後、そして今年初のオンラインイベントとなった『Happy Holidays Pirika』。投稿やコメントで「Happy Holidays!」のあたたかな気持ちを贈ったり、受け取ったりしていただけたかと思います。

そして、参加の皆さまには、こちらの華やかなバッジを付与させていただきました♪

f:id:teampirka:20210131110724p:plain

 

さて、『Happy Holidays Pirika』の参加条件ですが、

 

①アプリのイベント機能の「Happy Holidays Pirika」をクリックし、参加ボタンを押す

②12月23日(水)0:00 ~1月5日(火)23:59に投稿をする。

③投稿する際、年末年始を表す物や風景と共に、拾ったゴミを一緒に撮影し投稿する。(画像が難しい場合はコメントで表現いただいてもOK。)

④コメント欄に #Happy_Holidays_Pirika をつけて投稿する。

 

でした。

 

参加された方の投稿を見させていただくと、

普段どおりに、もしくは普段以上に張り切ってごみ拾いをしてくださったり、久しぶりにピリカへ投稿くださった方もいらして、スタッフとして大変励みになりました。

 

その中から、この方が引くおみくじは必ず大吉にしてあげたい!と思う投稿を選ばせていただきました。


こちらに、受賞者以外の方の投稿を載せておりませんが、ピックアップした素敵な投稿をピリカの公式InstagramアカウントTwitterでご紹介していますので、ぜひ、チェックしてみてくださいね♪

 

それでは、受賞された方の発表です!

Happy Holidays Pirika 最優秀賞 富山@fuumin 様

www.pirika.org

 

1月7日頃から、大寒波による大雪・強風の被害が報じられました。投稿いただいたのはその数日前ですが、画像からすでに多くの積雪があったことが分かります。雪に隠れてしまったポイ捨てごみを案じつつ、ごみ拾いをしてくださりました!

 

そんな富山@fuuminさんには、ふだんも、ごみ拾いのときも寒さをしのいでいただけるよう、

 

スマホ対応 防寒グローブ

 

を差し上げたいと思います! 手袋を外すことなくスマホ操作ができるのは嬉しいですね。ぜひ、今後のごみ拾いでご活用ください♪

 

Happy Holidays Pirika 特別賞 べんとむ 様

www.pirika.org

 

初日の出からすぐ、でしょうか。新年の朝の、真新しく神々しい空気とべんとむさんの意気込みが伝わる投稿です✨毎日を、こんな清々しい気持ちで始められたら素晴らしいですね。今年も、がんばりましょう!

 

そんなべんとむさんには、

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) スポーツボトル

 

を贈呈いたします。単色タイプから、カラーをお選びいただきます♪

保温・保冷効果の高いボトルですので、寒い時期の朝活ピリカで温かい飲み物を携帯していただければと思います!

 

 

富山@fuuminさん、べんとむさんには、ピリカよりご連絡差し上げますので、少々お待ち下さい。 

 

最後に

年末年始もピリカを活用してくださったり、イベントに参加してくださって、本当にありがとうございます。

次のオンラインイベントも準備しておりますので、ぜひご参加ください。

 

 (イベント等へのご提案があれば、お気軽にお寄せください。)

 

感染症拡大予防と共に、寒さの続く地域では防寒対策をしていただきながら、楽しくピリカを続けてまいりましょう!

 

アプリダウンロードはこちらから

pirika.org