株式会社ピリカの世界がきれいになるブログ

ごみ拾いSNS「ピリカ」やポイ捨て調査サービス「タカノメ」を運営し、世界からポイ捨てごみを無くすことに取り組む株式会社ピリカのブログです。

ピリカSNSユーザーインタビュー 第3回 『NECソリューションイノベータ株式会社』

ピリカスタッフの親松です。

ピリカSNSを利用してくださっている皆様、いつもありがとうございます。
最近はより一層寒くなり、炬燵から脱出する難易度が日々上昇していますね。

今回(2017年12月8日(金))は、日本各地の事業所で清掃活動をされている、
NECソリューションイノベータ』の東京本社(東京都江東区新木場)へ
インタビューに伺いました。

東京本社では、毎週金曜の朝8時30分から、新木場駅から同社のオフィス周辺に
かけて清掃しているそうです。今回、ピリカスタッフも清掃に参加させていただきました。

f:id:teampirka:20171228204526j:plain

朝早くから大人数が集まっています。

 

f:id:teampirka:20171228204612j:plain

 

f:id:teampirka:20171228204641j:plain

トング、手袋、ゴミ袋、そして同社オリジナルのジャケットを受け取り、

散り散りに清掃場所へ向かいます。

 

 

清掃の範囲は、同社の本社や新木場駅の周辺です。


f:id:teampirka:20171228204704j:plain

拾ったゴミは分別されます。

 

f:id:teampirka:20171228204902j:plain

凄いゴミの量!新木場の街があっという間に綺麗になりました!



 清掃後に、NECソリューションイノベータの東京本社の清掃活動について、
担当者の早川さん、増永さん、平野さんにインタビューをさせていただきました。



街のため、そして社員のための清掃活動



ーーー何故清掃活動を始めようと思ったのですか?


 清掃活動開始前の新木場駅周辺は、ロータリーになっていることもあり、多くの人々が行き来するため、ポイ捨てが非常に多い状況でした。新木場駅の近隣企業として、多くの方々に、新木場に気持ちよく訪れて欲しいという想いで活動を開始しました。

 現在、その他の近隣企業にもこの活動は広がっており、活動開始当時と比べるとゴミはだいぶ減りましたが、まだまだ継続は必要と感じています。

 

ーーー清掃活動はどのくらいの頻度で行っているのですか?


 毎週金曜日の朝の8時30分から、毎週1回行っています。

 また年に1回、清掃強化キャンペーンとして、全国規模の企業ならではのスケールメリットを生かした一斉清掃活動を行っています。会社の創立記念日9月9日を中心に、前後2週間ほど活動しています。去年の参加人数は528人でしたが、今年は787人でした。少しずつ清掃活動に参加する社員が増えてきたように思います。

 

(ピリカdeつながるおそうじ)

http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/csr/eco/report/com.html

http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/csr/community/index.html



ーーー今日も、金曜の朝から多くの人数が参加していますね。

 

 いつもは1回の清掃活動に30人くらい、多い時は50人くらいが参加しています。年間では延べ2000人が清掃活動に参加しています。

f:id:teampirka:20171228204757j:plain

 

 

ーーーどういった社員の方が参加されているのですか?

 
 過去に完全ボランティアで参加を募っていた時期がありました。その時は会社の中でも特に街の美化への意識や、地域貢献の意識が高い人達が集まってきてくれました。一方で、メンバーが固定化されてしまって清掃活動に新しい人がなかなか入って来ない弊害もありました。現在は部門ごとに毎週交代で行っています。

 各部門の担当は大体年で1~2回まわってきます。30分程度の清掃時間ですが、みんな年に1回や2回は清掃やろうよ、という感じですね。

 私達はこの清掃を、「地域を綺麗に清掃する地域貢献」の意味の他に、「社員に社会性を身に付けてもらうための教育」という位置づけで捉えています。

 そういう意味でいうと、1年に1~2回、30分くらいの時間で、社会に貢献するような時間を社員が持つということは、企業として決して無駄ではないと思っています。

 

 また、いまは江東区アダプトプログラム(こうとうまち美化応援隊)の

『わがまち江東きれいに活動』(http://www.city.koto.lg.jp/380301/machizukuri/sekatsu/undo/12548.html)に参加しています。

 他にも、「新木場清掃まつり」に会社として参加しています。毎年3月に地域の合同清掃イベントとして、自分たちの街を自分たちで綺麗にしています。

 

 行政や地域の方々とも連携をとって、清掃活動を通して少しでも地域のお役に立てていることを嬉しく思っています。



良き企業市民としての社会貢献活動



ーーゴミ袋にMDDとかいてありましたが「MDD」とは何ですか?

 

 NECグループで行っている社会貢献活動すべてのことをMDD(Make-a-Difference-Drive)活動と呼んでいます。これは本業を通した社会貢献を進めていくとともに、良き企業市民として中長期的な社会課題解決に向けて行う社会貢献活動のことです。もちろんこの清掃活動もMDDの1つです。

 清掃活動は、今まで東京の本社や支社で全国で一斉にやっている感じはあまりしなかったのですが、清掃の様子をピリカSNSに投稿して見える化するようにしてからは、全国の活動写真を見た時に、一緒にやっているのだなぁという実感が湧くようになりました。

f:id:teampirka:20171228205033j:plain


 

ーーあのゴミ袋は特注なんですね。

 そうです。清掃活動のために作りました。このゴミ袋に印刷されているMDDのシンボルマークは、NECのボランティア・キャラクターである“ハートン”をもとに、米国現地法人の社員がデザインしたものなのです。これと同じゴミ袋を全国各地の事業所に配って、清掃しています。

 

(参考)MDD 社外サイト

 http://jpn.nec.com/community/ja/social/mdd.html



◯ポイ捨てゴミが減らないことはとても悲しい

 

ーー清掃していてゴミが凄く多いなと感じる場所はありますか?

 駅前の生け垣、植栽ですね。ちょうど腰の掛けられる高さにあるので、夏場などはそこでお酒の缶などを持ち寄って宴会が行われてしまいます。そのときに缶のゴミを置きっぱなしにしてしまうのでしょうね。高速道路の下は植栽がなくなったのでゴミが少なくなったと感じます。

 

 やはり、ゴミは人の目がない方向に捨てる傾向があると思います。ポイ捨てをする人も、ポイ捨てするということに関して罪悪感があるのかもしれませんね。

 

f:id:teampirka:20171228205056j:plain



ーー清掃をしていて起きた印象的なエピソードはありますか?

 

 お金や携帯電話を拾うことがたまにあります。その時にはもちろん交番に届けるのですが、清掃とはまた違う形ですけれども、人のお役に立てることは嬉しいです。

 

 一方で、やはり10年以上毎週清掃続けていてもポイ捨てゴミが減らないことはとても悲しいです。
 活動を通して、少しでもポイ捨てゴミを減らしていきたいと思います。

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
企業名:NECソリューションイノベータ株式会社 (NEC Solution Innovators, Ltd.)
企業URL:http://www.nec-solutioninnovators.co.jp/

 

ピリカURL:http://www.pirika.org/c/nes

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------



 早川さん、増永さん、平野さん、NECソリューションイノベータの皆様、ありがとうございました。朝早い清掃でしたが、多くの方が参加していたのがとても印象的でした。また、これだけ大きな規模で清掃活動を行うことが出来るのは大企業ならではのことだと思いました。これからもピリカはNECソリューションイノベータ様の活動を支援させて頂きたいと思っています。

 これからも様々なユーザーの方にお会いしたいと思っていますので、ぜひ自分の企業、団体にインタビューに来て欲しいという方がいらっしゃいましたら、contact@pirika.orgまでご連絡ください。日本全国からのお誘いをお待ちしております。